FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日の変化を見ておりますと、少しずつ色づきが下へ下へと進んでいることが分かります。

11月3日
DSC_7936.jpg

11月6日
DSC_7941.jpg

11月7日
DSC_7950.jpg

11月8日
DSC_7967.jpg

写真を並べてみますと、一番きれいに見えますのは7日か8日かなという印象でございます。
やはり昨晩の雨風が悔やまれますね。

週末になりますと、たくさんの方がお越しになられます。
どうぞお時間には余裕をお持ちいただきまして、ご参拝賜りますようお願い申し上げます。
しばらく更新ができず、大変失礼いたしました。
本日の紅葉の様子をご案内いたします。
昨日日中から夜にかけてかなり風が吹き、また夜には雨となりましたので大楓は少し葉が落ちてしまいました。

大楓の様子
正面から
DSC_7976.jpg

書院側より
DSC_7977.jpg

DSC_7978.jpg

DSC_7980.jpg

赤く染まった葉が多少落ちてしまいました。少し残念ですが自然の事ですので仕方がありませんね。
書院側から見ますとまだ緑の葉も見られます。
下に落ちた葉もまたきれいです。

奥庭の様子
DSC_7983.jpg

DSC_7987.jpg
こちらも早い木は多少葉が落ちてしまいましたが、まだこれから色づく木もたくさんございます。

大楓は10日前後が見ごろとなる場合が多いのですが、やはり今年も例年通りといったところかと思います。
大楓はこれからすこしずつ葉が散ってまいります。
あまり天候が崩れないことを祈るばかりです。
10月も本日で終わりとなります。
明日からいよいよ11月になります。紅葉の時期であり、1年で当山が一番賑わう季節であります。
本日の紅葉の様子をご案内いたします。
今日は寒い1日でありました。皆様暖かい格好でお越しになられておりましたね。
天気の良い日が続いておりますので、紅葉も順調の様な気がいたしております。
この時期ばかりは雨風はご遠慮いただきたいものです。

大楓は二分から三分ほど色付いてまいりました。
書院側より二枚
DSC_7912.jpg

DSC_7905.jpg

正面より一枚
DSC_7899.jpg


心字庭園の様子
DSC_7911.jpg

DSC_7906.jpg


その他の楓の様子
DSC_7902.jpg

DSC_7901.jpg

DSC_7900.jpg

紅葉の進んでいる木と、そうでない木のグラデーションがきれいですね。
皆様のご参拝を心よりお待ちしております。
紅葉の季節がやって参りまして、毎日沢山の方にご参拝をいただいております
日毎に少しずつ、色付きが進んでいきます。

大楓の様子を三枚掲載いたします。

DSC_7888.jpg

DSC_7890.jpg

DSC_7891.jpg

上の方から一分程、赤くなっています。
少し色付きが早いような気もいたしますが、結局は例年通りとなることが多いですね。
本格的に紅葉シーズンとなって参りますので、更新をマメに進めて参りたいと思います。
だいぶ寒くなってきました。どうぞ暖かい格好でお越しください。

DSC_7892.jpg
暑い夏が終わり、過ごしやすい秋が参りまして、気付けばたちまちに紅葉の季節となりました。
ここ数日はだいぶ朝晩冷え込んで参りました。少し前までは暖かい日が続いておりましたので体調を崩された方も多いのではないでしょうか。

当院の楓の紅葉も少しずつ始まって参りました。
やはり参拝の方がお目当てにされるのは、表のお庭にあります大楓の木です。
樹齢は400年程たっておりまして、県の天然記念物指定でございます。
今、1割ほど色付いてきておりまして、例年通りですと、11月10日前後が見頃となります。

DSC_7875.jpg


奥庭の方も、早い木は既に色付いていますが、まだ色付いていない木が多いですね。

DSC_7887.jpg

DSC_7876.jpg

場所によって紅葉の進み具合は変わって参ります。
大凡の目安といたしましては大楓は11月10日前後、奥庭は20日前後頃が見頃となります。
とは言え、天候の具合によってだいぶ変わってはきますのでなかなか難しいところではあります。
また当ブログにて折々お知らせして参ります。
皆様のご参拝をお待ちしております。

ちなみに、7月の台風及び豪雨によって土砂崩れがおきました第一駐車場は、現在も修復作業のため一部使用できなくなっております。ご参拝の皆様にはご不便をおかけいたしますが、どうぞご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。