昨日五月十日、恒例の春季大祭、御経会を執り行いました。
あいにくの天気にも関わらずたくさんのご参詣を賜り、まことにありがとうございました。

夜半からの強い雨風により、残念ながらお昼より予定されておりました柴灯護摩供は中止となり、午前十時より観音堂におきまして、大般若転読法要と合わせ、護摩の修法が執り行われました。

御経会

厳粛な雰囲気のなか、お参りがはじまります。

御経会

住職のお参りを合図に太鼓が鳴り、転読がはじまりました。

御経会

御経会

御経会

六百巻の経本が次々と転読されていきます。

御経会

皆様の祈願、供養、願いが本尊様をはじめ、諸仏、諸尊に伝えられます。

御経会

御経会

お堂の中央では住職により護摩の修法が執り行われました。

一時間半ほどと長いお勤めになりましたが、皆様最後までご一緒にお参りいただきました。
まことにありがたいことでございました。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

郵便、ファックスなどで御祈願、御回向お申し込みの皆様には郵送にてお札等お送りいたしております。

なお、月例十七日の護摩供も五月十七日、執り行われます。
午前九時、十一時と二座、観音堂におきてまして護摩供、二座目が終わりまして午後十二時三十分ごろから護摩道場におきまして柴灯護摩供を執り行います。
どうぞご参詣ください。
スポンサーサイト
大楓

前庭の大楓です。紅葉の姿も大変美しいですが、新緑の姿もまた良いものです。
少し前まで葉もほとんどなく少し寂しい姿でしたが、気温が上がるに従って新しい葉が出、気づけば新緑の緑に包まれています。
四季の移ろいに従ってその姿を変える樹木の美しさには、言葉に言い表すことのできない素晴らしさがあるように思われますね。

シャクナゲ

当山は山の中腹に位置しており様々な花が四季折々に咲いておりますが、今はシャクナゲの花が見ごろを迎えております。
境内多くの場所にございますが、最も多くの花が楽しめるのは観音堂から開山堂への回廊横です。
お参りと併せて、ぜひご覧になってお帰りになってください。